インテグラ TYPE-との出会い

◆2001年秋◆
当時の私の愛車はEG4シビックでした。(中古で購入)
このシビックはパワーは100馬力もないのですが、とにかく燃費が良かったのです。
軽くリッター18キロを超え、一番良い時は20キロを越えました。
そんなシビックですが、走行距離は10万キロを超え、来年は私がオーナーになって2度目の車検を迎えます。
そんな時に友人が
「車買って、サーキット走ろうや」
とお誘いがあったのですが、次に購入するとしたら、値段も安く、燃費も良く、非常に経済的な「フィット」を購入する予定でした。
しかし、あまりに友人が強くスポーツカーを勧めるので、走り屋の世界をまったく知らない私は試しに友人宅にある「頭○字D」を読み始めました。(ぇ
するとどうでしょう、どっぷりハマッテしまいました(笑
この頃から、「サーキットを走りたい!」と思う様になっていました。
ですが、車の事はサッパリな私、セッティングなんて何の事やら・・・(−−;
そして、何故か、PS2ソフト「グランツーリスモ3」を購入。セッティングのお勉強を始めたワケです(笑

◆2001年冬◆
ある程度、セッティングの事や、専門用語も覚えたのですが、未だにスポーツカーの購入に踏ん切りがつきません。
と言うのも、「走り屋→改造車→お金かかる」と言った方程式が成り立っていたのです。
なかなか決断しない私を見てイラついたのか、走り屋の世界に引きずり込む為なのか、友人が行っているチューニングショップ「OTS」に拉致されてしまいました。(ここのサイトのリンクにあるのがそうです)
チューニングショップなのに、私が発した第一声は・・・
「車買いたいです!」(中古車ショップじゃないんですけどね(^^;)
すると店長が、
「どんなのが欲しいの?」
私は以前より乗りたいスポーツカーがありました。それが『TYPE-』でした。
モチロン、TYPE-の凄さなどまったく知らず、ただ響きがカッコイイからと言うミーハー(?)な理由でした(^^;
「インテかシビックのTYPE-がイイです」
店長「シビックのSIRとかはどう?」
「TYPE-じゃなきゃダメです!」
店長「こだわるね〜(笑」
TYPE-ならインテ、シビックどちらでも構わないという事を伝えてこの日はお暇しました。(実はインテが希望でした)

再びOTSへ
店長「ちょうどインテ売りたいって人がいるけどどうする?」
「買います!」
店長「その代わり、コテコテの車だけどそれでイイ?」
「問題無しです。サーキット走るつもりなので。」
店長「じゃ、連絡しておくよ。近いうちに現物持ってきてもらうから見てみな。」
楽しみです♪

◆インテ試乗◆
OTSへ行くと、ちょうどインテの現物がきていました。
水温、油温、油圧の3連メーターにフルバケ、4点式シートベルト、車高調、社外マフラー、とどめはリアクロスバー&ロールバーと言う話しに聞いた通りのコテコテした車でした(笑
初めてのスポーツカーの運転です。
車高調は抜けているので、乗心地は最悪でしたがオーバーホールすれば問題無しとの事。
アクセルを踏めばダイレクトに上がるエンジンの回転数。感動物でした。
店長「どぉ?」
「買います(*^O^*)」

こうして私とインテグラ TYPE-は出会いました。

戻る