フルバケットシート取り付け

まずは、シートレールごとシートを外すのでボディーに固定しているボルト4本を外します。
ボルトの頭は12oです。エクステンションがあれば楽ですよ〜。
固くなってボルトが回らない場合があるのでなめない様に気をつけて下さい。
ボルトを外したらシートレールを少し持ち上げて手探りでシートベルトのセンサーの配線を外してください。
これを忘れたまま勢い良く持ち上げると配線がもげちゃうですよ。
シートとボディーを傷つけない様に外へ出したら、いよいよシートの取り付けになります。
今回使用したシートレールはクスコ製の物です。

シートとレールを固定します。
後で本締めをするので、この場は仮締めだけでOKです。
ここで注意点。センターにスライドレバーがあるレールを使う場合は、レバーがシートの底に当たってないかちゃんと確認してくださいね〜。
じゃないと、スライドさせた時に傷ついちゃいます。
ぶつけない様に慎重に車内に戻します。
固定する前に、シートベルトのセンサーを繋ぐのを忘れない様に。
そしてシートレールをボディーに固定。この時も仮締めですよ。
実際にシートに乗ってハンドルに対してシートがずれてないか確認してから全てのボルトを本締めして終了です。
物によってはハンドルに対してシートがずれてしまう物もあるようです。

戻る    TOP