ジャッキアップ

DIYの基本中の基本であるジャッキアップ。
正しいジャッキアップをしなければ車が壊れるだけではなく、作業的に非常に危険です。
ここではジャッキアップの基本の説明をします。

まずは車載工具などに付いているパンダジャッキです。
パンダジャッキでジャッキアップして良い場所は矢印の場所です。
横に付いています。下から覗くと飛び出ているのですぐに見つかります。
タイヤハウスに近い場所にあります。
通称「ミミ」と言います。
次はガレージジャッキ。
パンダジャッキは1輪づつしかジャッキアップ出来ませんが、このガレージジャッキはフロント、リア、それぞれ2輪づつ上げられるので非常に重宝します。
ガレージジャッキのフロントのジャッキアップポイントはここ。
エキマニの手前にいかにもガレージジャッキの皿を載せて下さいって感じであります。
リアは牽引フックがそのままジャッキアップポイントになります。
ナンバープレートの下にあるのですぐに分かります。
ここで注意ですが、タイヤ交換程度ならまだしも、ジャッキアップしたまま車の下に潜っての作業は非常に危険なので絶対しないで下さい。
最悪、ジャッキが倒れて下敷きになります。
ではどうやって潜って作業するかと言うと、このリジットラック通称「ウマ」を「ミミ」に噛ませて作業します。
ウマの高さよりも高くジャッキアップしてウマをミミの下にセットして車体を下げれば準備完了です。
車体を下げる時はミミはそのまま真下には下がらないので少しづつ下げながらウマの位置を調整すると良いでしょう。
慣れれば勘で大体どの位置に下りてくるのか分かる様になりますよ。
ウマはミミ以外の場所でも支える事が出来ますが、それなりの強度がある場所でなければいけないので分からない場合は素直にミミに噛ませておくのが吉です。
更に、ウマの近くにタイヤを外して敷いておけば、もしウマが壊れても下敷きにならないのでより安全に作業が出来ます。

戻る    TOP