タケチ CP-035 16×7.5J +42(フロント)

世界最軽量・高剛性を謳ったホイール。
一時期ジムカーナで流行ったそうです。
インテR時代、フロントに使用してそのままS2000でもフロントに使っています。
S2000でこのサイズはタイヤサイズにもよりますが、225/45/16タイヤならキャンバーをつけないとはみ出しますw


 

 ウェッズ TC-005 16×8.0J +42(リア)

鍛造のように見えて実は鋳造。
軽量で有名なホイールに比べやや重いが、鍛造がゆえに頑丈です。
インテR時代に、「使えるかな〜?」と思い、購入したがキャンバー不足で入らずJINの部屋で眠っていました。
S2000購入でとうとう装着の時がきたのですw
このサイズに225/45/16のタイヤを装着して、車高を落とし、キャンバーを-2.5度にしたら、ぎりギリツライチになりました( ̄▽ ̄;


 

 RAYS TE37 17×8.5J +50(フロント)

元々このサイズはリアに履かせるサイズです(爆
でも「このサイズ、フロントにも履けるんじゃね?」ってことで履いてみました(゚∀゚)

マッチングはこんな感じ。
ギリギリだ・・・( ̄ω ̄;
ちなみにタイヤはネオバ・225/45/17、キャンバーは2度つけてます。
235以上のタイヤだとフェンダーに当たるか、はみ出るかな?( ̄▽ ̄;


 

 RAYS CE28 17×9.0J +63(リア)

爪折が禁止されているジムカーナ用として発売されたS2000専用サイズです。
このサイズは中古でもなかなか出てこなく、丁度オークションに出品されていたので落札しました。
軽量で高剛性、なかなかスタイリッシュなデザインです。
しかし、唯一の欠点があります(ぉ
洗うのが非常に手間ですw


 

 ヨコハマ アドバンネオバ 225/45/16

粘り強くグリップする感じです。
タイヤ自体が柔らかく、ショルダーがよれてしまう特徴があります。
Sタイヤみたいな溶け方をするのでサーキットでは他のタイヤカスを拾いやすい欠点があります。
また、タイヤが冷えている状態のグリップ力は高く、最初から強烈なグリップ力を発揮します。
しかし、その分熱ダレを起こしてしまうのも早いです。


 

 ブリジストン ポテンザRE-01R 255/40/17

タイヤ自体の剛性が高いです。
ショルダーがよれる感じもなく、良い感覚です。
タイヤが冷えている状態ではネオバの方がグリップ力がありますが、熱を入れてから本領発揮するタイヤです。

 

戻る    TOP