SPOON ラジエーターホース

純正のゴムホースだとクーラントの圧力に負けて、ホースが膨張してしまいます。
強化されたホースならば膨張による損失が抑えられますが、ドレスアップ感覚で装着する人も多いようです。


 

SPOON ローテンプサーモスタット

このパーツは純正よりも低い温度でサーモスタットが開き、早い段階でクーラント(冷却水)を循環させるようにする物ですが、
「低い温度で開くことに意味があるのか? 水温が上がってしまえば同じなのでは?」
と、オーバークールへの懸念や冷却性能に疑問を抱く方がいます。
パーツの説明では、低い温度で早めにクーラントを循環させて水温の上昇を遅らせる とありますが、JIN的にはサーモが開き始める温度よりも何℃でサーモが全開になるか に重点を置いてこのパーツを装着しています。
詳しくは後日、チューニング講座で説明しようと思います。

ノーマルは開弁開始温度が78℃、全開が90℃に対してSPOONでは開弁開始が65℃、全開が80℃位です。


 

SPOON ローテンプサーモスイッチ

クーリングファン(電動ファン)の作動開始温度を下げるパーツ。
純正では90℃でファンが作動しますが、SPOONではこれを80℃に設定。
開始温度はECUからの数値で作動します。
ただ、サーモスイッチはラジエーターで冷やされた後の水温で作動するので水温計が80℃でもファンは回りません。
アッパーホースから水温を取っているJINの場合だと、水温計は88℃辺りでファンが作動します。


 

戻る    TOP