J'sレーシング アッパーアームガセット

ハイグリップやSタイヤを履いてサーキットをガンガン攻めるとフロントアッパーアームの取り付け土台の溶接が剥がれる話はS2000では有名です。
このガセットをアッパーアーム取り付け土台に被せ、溶接するとBOX状に固定されることになるので飛躍的に剛性がアップします。

130系以降の後期型には補強が施されていますが、それは街乗りレベルでの話らしく、 後期型であってもサーキットではここの剛性不足を感じるそうです。
ちなみにメーカーのHPではガセット補強すると剛性が3,000倍上がるそうです♪


 

 J'sレーシング サイドインナーブレース

フェンダー内のフロントフレームに装着する補強パーツです。
フロントフレームの補強は非常に効果的で、ハンドリングやブレーキングによる荷重移動のレスポンスがアップします。
またコーナリング中のよじれも防ぐのでフロントタイヤの接地とコーナリングスピードも向上します。


 

 J'sレーシング エンジントルクダンパータワーバー

エンジントルクダンパーを固定するステーが一体化しているタワーバーです。


 

 SPOON クロスビームバー

フロントのサブフレームの剛性を上げます。
純正のロワアームバーと同時装着ができます。


 

 SPOON リアロワアームバー

リアのサブフレームの剛性を上げます。
純正のロワアームバーを交換して取り付けます。
S2000のリアサブフレームは合成不足は有名な話です。
純正のロワアームバーはコの字型で、十分な剛性を得ているとは言えません。
それに比べ、このバーはアルミオーバル形状で十分な剛性を持っています。
このバー1本でサブフレームの剛性不足を解決することはできませんが、十分な効果は得られます。


 

 クスコ フロア補強バー

スチール製の40φのパイプを前後のサブフレームと共締めして縦方向の剛性を飛躍的にアップさせるパーツです。
フロント部にはサイドバーも付いていて、ねじれ剛性も高まります。
縦方向の剛性は、ブレーキング・トラクションが向上します。

他のメーカでは全く同じ物を軽量なアルミ素材で販売しています。
JINは軽さより剛性を求めたので、より頑丈なスチール製を選びました。

 

戻る    TOP